本ブログ「現在のSEO事情」は移転しました
移転先の「検索エンジンからはadsenseのクリック率が低い」はこちら

2009年12月11日

検索エンジンからはadsenseのクリック率が低い

Google Adsense(グーグルアドセンス)はクリック型の広告です。アドセンスをどこに配置するかによって、クリック率は変わってきますが、どこから来た訪問者かによってもクリック率が大きく変わってきます。

検索ユーザーのクリックが低い理由

データを集積してみた結果、なんと検索ユーザによるクリック率は極端に低い結果がでました。特にGoogleの検索エンジンからの訪問者は極端に低かったです。Googleに比べるとYahooなどからはアドセンスをクリックする傾向にあるようです。

一番クリック率が多かったのは、知らないサイトからのリンクでした。一方、参考サイトとしてリンクしてくださっているようなサイトからの訪問者の方は、アドセンスをクリックしてくれることが多いようです。

検索ユーザーはとにかく効率的に情報を収集することを重視している傾向にあるので、アドセンスなどの外部リンクをたどろうとは思わないようです。他のサイトからの訪問者の方は、時間に余裕があるか、関連する情報をさらに追及したい場合が多いようです。したがって、アドセンスに関連性のある広告が表示された場合クリックが促されるように思えます。

クリック率を上げるための記事作成

Googleなどの検索エンジンから訪問者が増えるように、記事内にキーワードをちりばめるなど工夫をしている方もいると思います。しかし、アドセンスでクリック率をあげるためには、検索エンジンからの訪問者を増やすのではなく、参考サイトとして取り上げられるような良い記事を書くことが大切です。関連性のある被リンクが増えることによって、自然にSEO対策がなされるので、良い記事に集中すれば、特別にSEO対策を意識する必要はありません。

posted by 現在のSEO事情 at 21:26 | アドセンス(Adsense) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。