本ブログ「現在のSEO事情」は移転しました
移転先の「投稿した記事は変更しない方がSEO上有利」はこちら

2010年04月05日

投稿した記事は変更しない方がSEO上有利

Blogでは、以前に書いた記事を手直しすることは頻繁に行われる作業だと思います。その都度情報に訂正を加えて、より精度の高い情報を公開することはユーザを獲得する重要な作業です。しかし、記事を大幅に訂正した場合は、SEO上不利な評価を与えられるかも知れないのです。

記事内容とURLは安定した方がSEO有利

今のところ、GoogleでもYahooでも、おそらく他の検索エンジンでも安定したページを提供しているWEBサイトの方がSEO上有利な評価を得ていることが多くあります。安定したページとは、同じコンテンツを常に同じURLで提供しているページのことです。

記事内容とURLが安定しているサイトにSEO上有利な評価がつけられる理由は、検索エンジンが安心して評価できるという点にあります。キーワードや文章構造などのにより、SEO上有利な評価を与えたとしても、次の日に内容が変更している場合もう一度評価をし直す必要があります。

しかし、クローラの巡回や評価の処理にもある程度時間がかかるため、評価したページと表示されているページとではある程度の期間誤差が生じてしまいます。検索エンジン側も、これに対応する手段はあまりないため、一定期間安定して表示されているページに高いSEO評価を与えているのです。

ただし、記事の内容を変更しない方が良いのはSEO上の観点から考えた場合だけです。WEBサイトを利用しているユーザにとっては、提供している情報サービスによれば、ページ内容が日々より正確な情報に入れ替わっている方が、好ましい場合もありますので、今後GoogleやYahooなどの検索エンジンもそれらの場面にも体操するようなアルゴリズムを開発していくはずです。

記事とURLでSEO評価を下げない方法

安定したページとは逆に、安定していないページに次のようなケースがあります。

  • 記事のコンテンツ(内容)が日々に書き換えられる
  • 同じ内容なのにURLが変動する
  • サイトデザインが頻繁に変わる

Blogシステムなどをお使いの場合は、そのBlogシステムのURLの扱い方に注意する必要があります。たとえば、とある記事のカテゴリを変更すればURLが変更されるなどの場合もありますので、どのような条件でURLが変動するのかを意識する必要があります。

また、Blogの場合は簡単に既存記事を修正することができるので、できることなら後々修正しなくても良い記事を作成した方が良いでしょう。特に、titleタグ(記事のタイトル)を変更した場合は、大きくSEO評価が下がる場合あるので、記事のタイトルはしっかり考えてから、記事を投稿する必要があります。

サイトデザインが頻繁に変更されるサイトでも、HTMLのDivや、CSSの内容が変動しているだけなら、特にSEO上不利になることはほとんどありません。ただし、サイトデザインの変更に伴って今まで表示していたパーツが無くなったり、また、新たにパーツが加わったりすれば、SEO評価が下がる場合もあります。

タグ:SEO 編集
posted by 現在のSEO事情 at 16:25 | SEOテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。