本ブログ「現在のSEO事情」は移転しました
移転先の「オールドドメインのSEO上有利な効果がなくなる」はこちら

2010年04月11日

オールドドメインのSEO上有利な効果がなくなる

オールドドメインとは古くから使われているドメインのことです。昔から利用されているドメインの方が、新しく生成されたドメインよりも、信用がある老舗的なWEBサイトが多いことから、SEO上有利とされています。

古いドメインほど良い理由

冒頭でご紹介しましたが、オールドドメインはSEOに効果があると言われています。検索エンジン側からも、新しいドメインよりも古いドメインの方が、アフィリエイトだけの目的で作成されたサイトである可能性が低いので、高い評価を与えることができます。

他にも、古くからずっとサイトを運営していられるということは、長期間にわたって安定したニーズがある可能性が高いということになります。もし同じ名前のサイトがあるとすれば、最近できた方よりも昔から存在するサイトの方が優先されるわけです。

一般的なSEO対策になれば効果がなくなる

最近ではオールドドメインだけではSEOの効果はないのではないかと言われています。例えば、同じドメインでも、どこかで全く違う内容のサイトに変貌していた場合は、検索エンジン側としても高い評価を与える動機が弱くなるからです。

同じドメイン(URL)で同じサービスを安定して提供している場合は信用があるサイトとして評価できるかもしれませんが、提供しているサービスが定期的に変わっている場合もあるのです。

内容が変貌する理由としては、ドメインが別の人に譲渡されている場合です。ドメインが別の人に譲渡されて、全く別のWEBサイトになった場合は、それは新しいドメインと何ら変わりありません。

オールドドメインはSEO上有利であるという情報が一般的になれば、ドメインの売買が頻繁に行われ、ドメインの古さとサイトの信頼の関連性が無くなってきます。現在では まだ新しいドメインよりもオールドドメインの方がSEO上有利である可能性は高いのですが、今後はもっと違った方法で検索エンジンは評価をするかもしれません。

将来のために、ドメインを保持している方は再度見当してみた方が良いのかもしれません。価値が高くなってから誰かに売ろうと考えていても、そのころには効果がないSEO対策ということが一般的になっているかもしれません。

悪い情報商材を購入した方は、将来のために毎年ドメイン料という投資をしているかもしれませんが、それは株や為替と同じか、もっとリスクのあるバクチである可能性があります。ドメインは将来のためではなく、必要な場合にも保持した方が確実であり、WEBの利便性からもそうであるべきです。ただし、類似ドメインのため確保している場合は除きます。

タグ:SEO ドメイン
posted by 現在のSEO事情 at 13:20 | SEOテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。